近代川柳と六大家







このエントリーをはてなブックマークに追加

『近代川柳と六大家』
阪井久良伎と井上剣花坊は、新聞の川柳壇の選者として、川柳界を指導していきました。
阪井久良伎は前田雀郎を始めとする研究職や学者を生みました。
井上剣花坊は吉川英治(雉子郎)を始めとする文芸作者、そして反戦歌を育てました。
現代人の作者の内面の表現を可能にすることになる新川柳の流れを興した阪井久良伎と井上剣花坊の跡を襲ったのは、六大家といわれる川柳中興を推進した人々でした。それは、麻生路郎と村田周魚、椙元紋太、川上三太郎、岸本水府、そして前田雀郎の6人でした。

■川柳の検索傾向
グーグルインサイトでの検索傾向は以下の通りです。
毎年、第一生命・サラリーマン川柳の発表で2月中旬と5月中旬にピークがおとずれます。

  2月中旬・・・第一生命・サラリーマン川柳・入選作品100句の発表
  5月中旬・・・第一生命・サラリーマン川柳・ベスト10を発表

またオリックス・マネー川柳の発表で3月中旬と12月上旬にピークがおとずれます。

  3月中旬・・・オリックス・マネー川柳・入選作品発表
 12月上旬・・・オリックス・マネー川柳・入選作品発表